20代後半から30代前半ぐらいにかけて転職をする人が増加しているようです。

企業としても若い世代で仕事に対しての順応力もあり、のびしろのあるこの年代の受け入れ態勢が整っているようで、仕事ができる若者の転職なら大歓迎であるといった姿勢のようです。

転職については転職する時期をしっかりと考えなくてはいけない点があります。
新卒の募集が始まったころに応募してもかなり高い倍率をかいくぐらなくてはいけないわけですから、就職希望者が少ない時期に転職することが少しでも有利に働くのではないかと思います。そして退職する時期も考える必要があります。

会社によって違いはありますが、ボーナスの支給が有るところ、無いところがあります。ボーナス支給が規定でない会社なら就職希望者が多い時期を外せばいいわけですが、ボーナスが支給される会社で勤めているなら、ボーナスを貰ってから退職しようと考える人も多いと思います。このボーナスについても会社によっては年に二回から多いところで4回の支給があったりします。それよりも早く転職したいと考えている人は考えなくて良いことですが、今までに仕事をしてきたことへの評価や対価ですから貰う権利はあります。

しかしながら、毎月もらう収入と違ってボーナスというのは法的な規定がないのだそうです。そのため、退職希望者には支給されなかったりするケースもあるようです。支給はされても減額されていることもあたりするようで、しっかりとボーナスをもらって退職したいのであればちゃんと調べてから会社には退職の意向を伝えた方がいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です